さようならは、言わない、ワン・・・

「お花に囲まれた僕、パパンお手製のお家に入っているよ。」

「お花屋さん、開店?」

「原田君が、『ジュマペールジェームス』を歌ってくれたよ。」

「大勢の人がお見送りに来てくれた。埼玉や神奈川、舞鶴、大阪からも来てくれた、

ワン。」

「僕はお空へ行っても、フェイスブックページジェームスは、不滅です。(笑)若い頃の僕をママンがアップしてくれるよ。これからも僕、ジェームスを忘れないでいてね。皆さん、ありがとう。」